草木染の実習「インド茜」(米沢織伝承者特別養成セミナー)

(手 順)
①染料抽出(インド茜の煮出し)1番液から4番液まで(1と2、3と4を合わせ2種類の染液を作る)→②煮出し液のろ過→③媒染液作り(椿灰の上澄み液をろ過)→④かせ糸湯通し洗い→⑤先媒染(40度で30分)→⑥水洗い→⑦煮出し液で染色(低温→90~95度で30分)→⑧湯洗い(染色が希望の濃度に染め上がったら⑨へ、薄い場合④から繰返す)→⑨脱水→⑩乾燥
[配布]
・エプロン(クリーム、青、紺)
・長靴(黄色、ターコイズ、黒)
・ゴム手袋(オレンジ)
[内容]
・草木染の実習③(「インド茜染め」いがの煮出しから染色、水洗い、乾燥までを行いました。)・・・(専任講師:斉藤勝廣、わくわく女性スタッフ)
(ポイント:先媒染、椿灰(アルミが含まれる)、吸着性が高い染料なので、「むら」にならないように配慮が必要。)
[受講メモ]
・染色ダイヤグラム(染色計画)について・・・常温(20~30度)から煮出し(20分~40度~50度で色が付きやすい。30分~90度前後で色が定着)
(本日の、インド茜染・・・仕様)
・染料・・・インド茜の煮出し液
・媒染剤・・・椿灰
・素材・・・絹100%(かせ糸)
・250g×2=500g

IMG_0139

インド茜の煮出し液

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 会場:染織工房わくわく館(染め工房)・製織工場専任講師:斉藤英助工場で「製織準備工程」の…
  2. 手織り機にて「織」の実習①・・・(コースターの作成)日時:平成23年11月05日(土)…
  3. 素材・・・絹100%(コットンストール、つむぎ糸)①コットンストールの絞り→②湯洗い後→③すむも…

伝統工芸体験「雪月花」

rogo02_300

+Daisy(プラスデイジー)

300_rogo

木になる事象、フォトブログ

Virgin†rose_rogo_02_300
PAGE TOP