草木染の実習「染料化柿渋液を使い柿渋染の基本を学ぶ」の手順(米沢織伝承者特別養成セミナー)

(染料化柿渋液を使い柿渋染の手順)・・・今回、染料の本質を活かし、無媒染で行った。
素材・・・絹100%(つむぎ糸)
①染料液を作る→②被染物を染浴(30度~40度)に入れムラにならないよう動かしながら(70度~80度)で30分染色→③水洗い→④熱湯ですすぎ洗い→⑤柔軟仕上げ(ユニソフナー)好みにより省略可→⑥脱水→自然乾燥

[受講メモ]
《第十七回》
日時:平成24年2月18日(土)
内容:草木染の実習10(染料化柿渋液を使い柿渋染の基本を学ぶ)
専任講師:斉藤勝廣
[内容]
・染料・・・染料化柿渋染めD-2(田中直染料店)
《柿渋成分・・・カキタンニン》
・素材・・・①麻100%(コースター/濃色処理加工済)
②麻100%(ランチョンマット/濃色処理加工済)
③絹100%(つむぎ糸)

IMGA0121

染色ダイヤグラム

IMGA0126

染色ダイヤグラム

IMGA0096_wp

染料液
IMGA0099_wp種類による違い(チタン、銅、アルミ、鉄)

IMGA0124_wp染料・・・柿渋(無媒染で行った)

アーカイブ

ピックアップ記事

  1. 会場:染織工房わくわく館(染め工房)・製織工場専任講師:斉藤英助工場で「製織準備工程」の…
  2. 手織り機にて「織」の実習①・・・(コースターの作成)日時:平成23年11月05日(土)…
  3. 素材・・・絹100%(コットンストール、つむぎ糸)①コットンストールの絞り→②湯洗い後→③すむも…

伝統工芸体験「雪月花」

rogo02_300

+Daisy(プラスデイジー)

300_rogo

木になる事象、フォトブログ

Virgin†rose_rogo_02_300
PAGE TOP